ブログ

ブログ

2019.08.12 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

2019.05.13 Monday

筥迫(はこせこ)の儀*懐剣の儀

みなさんこんにちは☀

 

 

ゴールデンウィークも終わり

5月病などかかっていませんか?

 

本日は前回のつづき

 

花嫁さんへお母様より

挙式前に行うお支度の儀式

 

「筥迫の儀」と「懐剣の儀」をご紹介します♪

 

 

以前お話しいたしましたが

花嫁さんの和装の小物には

それぞれ意味があります

 

その意味を知ったうえで

花嫁支度の仕上げに

その小物をお母様に身に着けてもらう儀式です

 

 

 

*筥迫の儀*

 

筥迫は武家の女性たちが

鏡や白粉 紅筆などの化粧道具や

懐紙を入れて持ち歩いた

いわゆる化粧ポーチです

 

 

ご結婚式ではお母様からのお手紙とお守りを入れて

花嫁さんの胸元へ差し込んでもらいます

 

 

 

 

*懐剣の儀*

 

懐剣は武家の女性が護身用として持っていた短剣です

花嫁が武家に嫁ぐ際に武家の妻として恥じぬよう

いざというときは自分の身は自分で守るという

覚悟が表れています

また 剣は大昔から神の宿る物として

魔よけのお守りとして用いられてきました

 

こういったことから

現在のご結婚式では

お母様から筥迫と同じく花嫁さんの胸元へ差し込み

新しい人生へ旅立つ娘を

様々な災いから守り無病息災を祈ります

身を守り 夫を守り そして子供を守る覚悟をもちなさい

そんなお母様からの想いが伝わりますね

 

 

 

 

どちらの儀式も

ゲストの皆様が見ている前で

人前式の入場前に行っても

お控室で家族だけのお時間として過ごしていただいてもいいですね

 

 

和婚ならでわの

想いの伝わる儀式

是非取り入れてみてください♪

 

 

 

プランナー 安見

 

 

 


2019.08.12 Monday

スポンサーサイト

  • -

<< 紅さしの儀 | main | 想いの溢れる結婚式 >>